PUNK / HARDCORE | twelvekyoto

PUNK / HARDCORE

【ART BOOK】ERROR|Art Book
【ART BOOK】ERROR|Art Book
サイズ:A4 ペーパーバック フルカラー P68 ERROR(BARCELONA/SPAIN) ERRORことRoberto Rodriguez は1976年スペイン北西部の都市バリャドリッドに産まれた。 10代初頭よりERRORというアーティストネームを用いて都市公共物へのグラフィティや公共美術への破壊行為を行う。 1992年、16歳で活動場所をバルセロナに移し、パンクの活動家ムーブメントに参加、レコードやファンジンのディストリビューターを始め、地元のアンダーグラウンドに根差すパンクバンドのショーをセットアップし始める。 彼は MASS MIERDA、SUKO DE NABO やDESTINO FINALといったバルセロナのハードコアバンドでもドラマーとして活躍しており、特にその中でもDESTINO FINALは欧米、メキシコ、日本でのツアーを行い、現在ではハードコアの歴史に残る最も偉大なバンドのひとつとなった。 "ERRORがタトゥーを始めたのは1998年、彼が22歳の頃。彼が手掛ける自然や動物、シンボリックスタッフにLSDの幻覚作用をリフレクトさせた作品は瞬く間に人気を集め、同年より欧州の複数国でゲストワークをスタートさせる。 現在、欧州、中南米、アジアといった世界中のタトゥースタジオでゲストワークを行っており、20年間超のキャリアの中でその数はゆうに50ヶ所を超える。" また、ERRORの活動はグラフィティやタトゥーに留まらず、近年ではフィンランドの現代美術館 KORUNDIの依頼で同建物の外壁への巨大壁画を手掛け、館内でタトゥーの公開施術を行うなど公的なアートセンターがその価値を認めるものとなっており、彼はその活動の幅を更に広げている。このアートブックは彼の20年間の歴史で残した作品より、自らが傑作と思えるものを厳選して抽出し1冊にまとめたものである。是非手に取って彼のアートに触れてほしい。彼の素晴らしいアートが多くの人の目に触れますように。 Text by Great Dance
¥2,200
【PHOTOBOOK】San Francisco|Yoshi Yubai
【PHOTOBOOK】San Francisco|Yoshi Yubai
1977年〜79年にサンフランシスコにてV.Valeによって刊行された PUNKタブロイド紙「SEARCH & DESTROY」 その後、80年より出版社「RE/Sesarch」として、 システムの外にあるアンダーグラウンドカルチャーを 文化人類学の観点から捉え研究し、発信しつづけいてる。 Yoshi Yubai氏は 21歳の時に渡米し、「RE/Sesarch」に住み込み 編集者V.Vale師事する傍ら、写真家としての活動を始める。 この写真集はサンフランシスコにて 2008-2009年に撮影された184枚のストリートスナップで構成。 決してモチーフがPUNKに偏っているわけではないのに ザラツイた風合いや、モチーフの捉え方にPUNKの共通言語を感じてしまう。 同じくサンフランシスコの写真家Jim JocoyのWe're Desperateを 見ているような感覚になってしまいました。 表紙の写真は東京のPUNKバンド"WOTZIT"の 10インチの"Kiiiro"のジャケットで目にした人も多いはず。 序文は編集長V. Vale。 あとがきはCRASSのGee Vaucherと NUCLEAR WAR NOW! PRODUCTIONSのYosuke Konishiが寄稿。 Yubai氏はRE/Searchでの経験を生かし EL ZINEの"Anti Art Book Review"の連載や HIDDEN CHAMPIONにて国内外のアーティストへのインタビューの寄稿など 執筆業も行っている。 【推薦文】 “Gloomy and dark, more shadows than light, Yoshi Yubai’s images make you shiver, as if you awoke on Skid Row. Good job!”—Miron Zowner サイズ:23.5 x 16 cm モノクロ P188
¥4,500
【ARTBOOK】Sam Ryser | Welcome to Dripper World
【ARTBOOK】Sam Ryser | Welcome to Dripper World
ニューヨークを拠点に活動し、地元を代表するPUNKバンドとしての活動や DIYアンダーグラウンドシーンにおいて世界中のバンドのアートワークを手掛ける アーティスト SAM RYSER。自身や彼のバンドへ提供したファインアート、フライヤー、アパレル、小物などを制作した彼の全キャリアを網羅する初の作品集。 ※経年劣化により裏表紙に汚れがあります。気にされる方は購入をお控えください。 サイズ ‏ : ‎ 21.59 x 1.91 x 29.85 cm ペーパーバック ‏ フルカラー 192ページ Biography SAM RYSER サム レイザー サム レイザーはニューヨークに根差し活動を行うミュージシャン、アーティストである。彼はこれまでの人生において10年を超える歳月を、自身のCrazy Spirit、Dawn Of Humans、Murdererといった、いずれも近年のニューヨークのパンクシーンを代表するバンドでの活動と、世界のパンクバンドのためのアートワークの製作に費やしてきた。彼の手掛けた作品は、高いオリジナリティと優れた審美性を有し、DIYアンダーグラウンドシーンで強力な影響力を持つアーティストとして確固たる地位を築いてきた。2014年、彼はブルックリンの雑多な店舗が立ち並ぶ裏路地の一角に、自身のアート作品と一癖も二癖もあるジャンクな商品を取り扱うDripper Worldをオープンさせ、その地位は頂点を極め始める。Dripper Worldは開店して間もなく、サム レイザーの個性溢れるアートプロジェクトを無数に発信する拠点としてだけではなく、世界中のアーティストが製作した、アートや音楽、DIY刊行物といった世界のアンダーグラウンドで産まれた作品が届き、それらを繋ぐ場所として機能した。イリーガルな運営だったため、Dripper Worldは2018年を持って惜しまれつつ閉店となったが、オンラインのみの営業となった今も、世界に対し強い影響力を持ち続けている。彼はこれまで自身のバンドは基より、 Hank Wood and the Hammerheads、 Sheer Mag、 La URSS、 Muro、 Total Control、 Rixe、 Rakta、 Hoax、 S.H.I.T.など現行で活躍する世界の多くの人気バンドのアートワークを手掛けており、そのイマジネーションは留まることを知らない。また、Rolo Seco、Discos Sub(サンパウロ/ブラジル)、Casa Rattrap(ボゴタ/コロンビア)、Dolor Local(コルドバ/スペイン)、La Cova(バルセロナ/スペイン)、Manuel Donada(マドリード)など今も世界中の多くのギャラリーでポップアップを行う、今を生きるアーティストである。 ・Instagram ・SAM RYSER: https://www.instagram.com/dripperworld
¥5,000
SUGI / B/W SHIRO KURO SUGI'S DRAWINGS 2004-2006
SUGI / B/W SHIRO KURO SUGI'S DRAWINGS 2004-2006
ハードコア・イラストレーター「SUGI」氏のART BOOK第二弾!! こちらら2004-2006年までの作品をまとめた作品集となります。 制作スピードをさらに上げ鋭さを増してく作品群に圧倒される一冊!! 初回特典の特製クリアファイル&STICKERと SUGIのサイン付きとなります!! SUGI profile: 1969年生まれ。 山口県岩国市在住。 高校時代、当時のインディーズ・ブームにハマり、パンク&ハードコア音楽を聴き始める。 80年代末、幼い頃から絵を描くことが好きだったこともあり、パスヘッド、トム等に触発され、デザイン活動を開始。以来、主に広島を拠点とし、国内外のハードコア・バンドのライブ・フライヤー、レコード及びCDのジャケット、Tシャツ、ポスター等のデザインを描き続けている。日本の漫画とアニメが死ぬほど好きで、双方からの影響は計り知れない!!! 好きな言葉は、 FIGHT TO THE END OF THE WORLD!!!!!! Born 1969. Resides in Iwakuni-shi, Yamaguchi prefecture. Started listening to punk & hardcore music in high school period when indies music was a trend. The fact that he loved drawing from his youth and the inspiration of PUSHEAD & TOM lead to his start of design activities in the late 80’s. Since then, he has been mainly based in Hiroshima, continues to draw designs likes of hardcore band gig flyers, records, CD album covers, T-shirts & posters etc. The influence he received from both favorite Japanese cartoons & animations are immeasurable. Favorite word: FIGHT TO THE END OF THE WORLD!!!!! 以下レーベルINFO転載 BLOODSUCKER史上初のリリースとなった画集「B/W SHIROKURO」で、その類まれなる画力と世界観で観る者を圧倒したSUGIが3年半ぶりに放つ画集第二弾!! 前作は極初期1989年~2003年までのイラストを厳選したベストセレクション集だが今回は2004年~2006年に描かれたほぼ全作品を網羅!! 初期と現在のスギを結ぶリンク的な作品群はこの時期でしか表せない画風の魅力に満ち溢れている!白と黒を基調とした点描を基盤にカラー作品も増え、アーティスト「SUGI」の新たな試み、成長、葛藤が垣間見えるのもこの時期ならでは! イラスト中心であった前作に対して、今作はイラストに纏わるSUGI自身の回想や、イラストに関わった人達のコメント、コラムなどを掲載し、読み物としてもがっつり楽しめる内容になっており、未発表作品も多数収録されてます!! 表紙はこの画集に収録されたものを新たなる表現で描き上げた新作であります!! 全102P初回発行1000部!!
¥3,300
SUGI / B/W SHIRO KURO SUGI'S DRAWINGS 1989-2003
SUGI / B/W SHIRO KURO SUGI'S DRAWINGS 1989-2003
ハードコア・イラストレーター「SUGI」氏の 1989-2003年までの作品をまとめたART BOOKになります!! 緻密さと力強さが生み出す、黒と白の重厚な作品のオンパレード!!!! カラー作品を含む見応えありの一冊です。 SUGI profile: 1969年生まれ。 山口県岩国市在住。 高校時代、当時のインディーズ・ブームにハマり、パンク&ハードコア音楽を聴き始める。 80年代末、幼い頃から絵を描くことが好きだったこともあり、パスヘッド、トム等に触発され、デザイン活動を開始。以来、主に広島を拠点とし、国内外のハードコア・バンドのライブ・フライヤー、レコード及びCDのジャケット、Tシャツ、ポスター等のデザインを描き続けている。日本の漫画とアニメが死ぬほど好きで、双方からの影響は計り知れない!!! 好きな言葉は、 FIGHT TO THE END OF THE WORLD!!!!!! Born 1969. Resides in Iwakuni-shi, Yamaguchi prefecture. Started listening to punk & hardcore music in high school period when indies music was a trend. The fact that he loved drawing from his youth and the inspiration of PUSHEAD & TOM lead to his start of design activities in the late 80’s. Since then, he has been mainly based in Hiroshima, continues to draw designs likes of hardcore band gig flyers, records, CD album covers, T-shirts & posters etc. The influence he received from both favorite Japanese cartoons & animations are immeasurable. Favorite word: FIGHT TO THE END OF THE WORLD!!!!! 以下レーベルINFO転載 BLOODSUCKER史上初のリリースとなる画集は世界を代表するハードコア・イラストレーター「SUGI」のART BOOK!! SUGIとBLOODSUCKERのオーナーであるGuyが初めて出会った超初期の1989年の作品から国内~世界へその凄まじいまでのスキルと世界観を遺憾なく発揮し、多くのハードコアバンドの作品を手がけていく2003年までの作品を厳選して収録!!未発表作品も多数収録!! 彼の特徴でもある点描を多用した画風以前の彼の作品も一見の価値あり!!緻密かつ繊細なタッチと大胆な構図、そして白と黒を中心に見事なまでに表現されたSUGI WORLDをご堪能あれ!!なお、表紙はこの画集のために書き下ろした新作!! 全100P予定!! 初回発行1000部!!先着特典あり!!
¥3,300 SOLD OUT
【ARTBOOK/PUNK HARDCORE】“CHIRASHI” – Tokyo Punk & New Wave ’78-80s
【ARTBOOK/PUNK HARDCORE】“CHIRASHI” – Tokyo Punk & New Wave ’78-80s
1978〜1984年に掛けて東京ROCKERのシーンを中心とした Punk & New Waveのライブフライヤー集。 有名なものから、初見のものまで電話帳の厚みで見応え十分。 後半にハードコアバンドの名前も登場し、シーンの移り変わりを見ることができます。 これはすごい仕事です!歴史にのこる一冊なのでお買い逃しなく! A4サイズ ペーパーバック モノクロ(一部フルカラー) 480P label Information 1978年からのパンク・ロック~ニュー・ウェイヴの隆盛。その大きな波を、「チラシ」という紙媒体が支えていた。バンドはチラシによって情報を届け、チラシによって人は集まり、バンドと人は共に燃え、そして、チラシは文字通りに「散らされて」いった。 1978年の「東京ロッカーズ」からの音楽シーンを彩った「チラシ」を集大成。チラシから見るアンダーグラウンド・ミュージック・ヒストリー。 チラシが収録されたバンド、イヴェントの一部: 東京ROCKERS / FRICTION / LIZARD / MIRRORS / S-KEN / パンク仕掛け99% / THE STALIN / THE STAR CLUB / じゃがたら / ZELDA / NON BAND / GOZIRA RECORDS / 裸のラリーズ / NYLON 100% / 海賊艇K / ELECTRIC CIRCUIT / 吉野大作 and PROSTITUTE / AUTO-MOD / TELEGRAPH RECORDS / FOOLS / 法定伝染GIG / チフス / 無差別GIG / PABLO PICASSO / MODS MAYDAY’81 / EMOTIONAL MARKET / ADK DAY / 消毒GIG / GAUZE / CHANCE OPERATION / E.D.P.S. / 天国注射の昼 etc…
¥4,290 SOLD OUT
ACTION PORTRAIT :  IGGY POP by Gin SATOH
ACTION PORTRAIT : IGGY POP by Gin SATOH
70年代から日本のロック・パンク・ハードコアシーン創世記より あらゆる伝説の瞬間を写真に収めてきた佐藤ジン氏。 イギーポップからのオファーにより始まった来日公演での撮影。 1979年から1994年までのフォトセッションが収められた一冊。 サイズ:B5変形 80P 佐藤ジン(Gin SATOH) https://ginsatoh.com/ 以下、official siteより転載 写真家。1948年、宮城県仙台市生まれ。 20代に沖縄本島や離島に滞在、1972年の沖縄本土復帰直後の生活風景を撮影。 30代にはパンクロックを中心に国内・来日ミュージシャンを撮影、雑誌等で発表。 その後、暗黒舞踏、現代美術、人の姿を意図的に排した都市風景をテーマに加える。 アジア・ヨーロッパ各地を周り、世界の都市風景を撮影。2011年より東日本大震災とその復興の道筋を撮影し続けている。 2016年「FENTY×PUMA BY RIHANNA COLLECTION」に写真作品が採用、全世界で発売。写真展多数。 写真展に「東京ロッカーズ」(新宿オリンパスギャラリー / 1985年)、「Zoning」(新宿オリンパスギャラリー / 1989年)、「Collaboration」(銀座電通ADギャラリー / 1990年)、「舞踏脈3人展」(神保町オリンパスギャラリー / 1999年)、「無音地上津波痕画」(光州ビエンナーレ / 2011)、「“生きることがつくること” 東日本大震災復興展」(アーツ千代田3331 / 2012年)、「TOKYO Underground」 (Avant Art Festival Wroclaw / 2016年)、「Tokyo Underground Revisited」(Doomed Gallery London / 2016年)、「 Action Portrait: IGGY POP」(BOOKMARC / 2017年 )、「GIG」 (Uptown Koenji Gallery / 2017年)、「Parergon: Japanese Art of the 1980s and 1990s」 (BLUM & POE Los Angeles / 2019年)等。 写真集に『GIG』(1986年)、『都市風景』(1991年)、私家版『無音地上津波痕画 Silence Geoglyph that Tsunami Drew』(2011年)、『IGGY POP by Gin SATOH』(2017年)、『GIG – Koenji Edition』(2017年)等。
¥3,960 SOLD OUT
【CD+ZINE】"V.A - Postponed Pleasure"
【CD+ZINE】"V.A - Postponed Pleasure"
2020年 COVID-19の影響により来日ツアーを延期した 世界各国のバンドを集めたコンピレーションCDが DISCOS PELIGROSOSとVOX POPULIにより合同リリース! 各オーガナイザーの協力を得て、 来日できなかったバンドのインタビューを掲載した50ページのZINEも付属。 World Wide 多種多様な現行HARD CORE / PUNK を知れる良内容。 次回の来日に備えよ! 【収録バンド】 ARMY(US) DARK THOUGHTS(US) DELETAR(FRANCE) FRIED EGG(US) IRREAL(SPAIN) LEONOR SS(SPAIN) MOB 47(SWEDEN) PARSNIP(AUSTRALIA) PHYSIQUE(US) SCUMRAID(KOREA) S.H.I.T(CANADA) SKELETON(US) SMUT(US) WARM BODIES(US) WARTHOG(US) XRDM(MALAYSIA) ZINE A4サイズ:21cm x 29.7cm モノクロ 50P 【Label Information 】 2020年は世界中の人々にとって激動の一年だった。 今も尚続くCOVID-19の影響により残念ながら多くの来日ツアーは延期にせざるを得なかった… 今作はそんな2020年に来日ツアーを予定していたが実現できなかったバンドを集めたコンピレーションCDだ。 未発表曲やライブ音源、新録を含むバラエティに富んだ16バンド26曲を収録。 それだけではなく各ツアーオーガナイザーの協力の下、バンドの魅力を更に伝えるべく50Pのジンも付属されている。 将来実現されるであろう来日ツアーに備え、今聴くべきバンドを網羅したコンピレーションをDISCOS PELIGROSOS,VOX POPULIからの合同リリース!
¥1,800
TREMATODA ZINE Vol.4
TREMATODA ZINE Vol.4
※予約商品となります。1月30日発売日より随時発送させていただきます。 国内のパンク、ハードコアシーンを軸にストリートカルチャーなど ボーダーレスに活動を繰り広げるPUNKアーティストを世界に発信するプロジェクト “TREMATODA”によるパンクアートジン第4弾リリース! 今回も広く活躍する4名を仙台、東京、名古屋、福岡より召喚! アーティスト各々の表現がぶつかり合う最高の一冊!バイorダイ!! VOL.4参加アーティスト END [東京] , NAITIN [愛知/名古屋] UCAN [宮城/仙台], SHUTOPIA [福岡] LTD 500 A4サイズ:21cm x 29.7cm モノクロ 52P END START FROM END | http://startfromend.com/ Instagram | @endflyer Flyer Artist HARDCOREやPUNKシーンを中心にフライヤーアーティストとして活動中。 影響を受けた90年代のUS HARDCOREやPUNKのフライヤーを中心に、現代のフライヤーへと継承する姿勢や信念が特徴的なスタイル。 自身の活動する場所、ライブハウスやバンドなどのアートワークや、個展や主催するアート展、イベントでのライブペイントなどで世界観を表現しています。 Flyer Artist END is active as a flyer artist mainly in the hardcore and punk scenes. His unique style is characterized by an attitude and beliefs carried over from his influences, mainly the US hardcore and punk flyers of the 90’s, as well as modern flyers. END expresses this worldview through works of art for venues where is active -- live music halls, bands, and more -- as well as through solo exhibitions, art shows he headlines, and paintings done live at events. =================================================================== Naitin Twitter | @naitin2 Instagram | @naichin3 1967年生まれ名古屋で活動していますnaitinと申します。 YMOと映画音楽が好きだった小学生が中学に上がる80年の春と同時にSEXって単語にドキッん! こんなくだらない理由でPUNKとSEX PISTOLSと出会ってしまう事に(笑 と、同時に亜無亜危異、RC、横浜銀蝿など、ちょっとズレタバンド(失礼)に夢中になり、、、ヒネクレ人生がスタートしてしまった(笑 そして決定的な出会いがDISCHARGE!!! 聴いた瞬間背中がゾゾゾッ!てしちゃいましたわ~全く新しい音楽だっ!と感動! もうこの日からSPEED&NOISE!まっしぐらですよ! 気が付くとドンドンスピードアップした音にのめり込み! パンクロックなんて直ぐに飽きそうなもんなんだがコレがなかなか奥が深いのです~いまだに90%は毎日聴いています(汗 後は超初心者級原始人なドラム叩くのが大好き! テクニックなんか問題じゃないっす!!! 皆の嫌そうな顔見るとますます燃えますわ~(笑 今はSOCIAL PORKSってオジさん2人組でサーフ&スラッシュなバンドやってます!それとSIBAFÜとEGG CONDITIONってバンドもやってます! あ、イラストの話ししなくちゃ! コンピュータはサッパリ分からないからコンビニ往復しコピーとって切り貼りして、ジャケットやフライヤーをボールペンで描き描きしています。 テクニックも無く雑なイラストですが、楽しく描いていおります。 I’m naitin, born in 1967, living and working in Nagoya. I loved YMO and movie soundtracks in elementary school. Around the time I moved up to junior high in the spring of 1980, the word “sex” caught my attention somewhere, and that’s the stupid reason I ended up discovering the Sex Pistols and punk in general, LOL. Around then I became obsessed with bands that were a little bit “off” (sorry!), like Anarchy, RC, and Yokohama Ginbae... and my twisted life started from that point, LOL. But the most important discovery for me was DISCHARGE. The second I heard them, shivers went up and down my spine - it was amazing! Just a totally new kind of music. I was all about speed & noise from that day on! Before I knew it I was hooked on faster and faster sounds! Some people think punk rock gets boring quickly, but it’s actually really deep -- I still listen to punk about 90% of the time, haha. Aside from that, I love beating the hell out of the drums like a caveman who just got his first pair of sticks! I don’t care about technique -- the more annoyed people look, the more fun I have, LOL. Right now I’m in a surf & thrash band called SOCIAL PORKS with one other old geezer. I’m also in two other bands, SIBAFÜ and EGG CONDITION! Oh, and I almost forgot about my illustrations! I draw jackets, flyers, and things like that with ballpoint pens -- I don’t know the first thing about computers, so I’m constantly going back and forth to convenience stores, making copies, and cutting and pasting everything together. They’re messy pictures with no technique but I have a ton of fun drawing them! ========================================================================= UCAN BLACKEYEZ | blackeyez.thebase.in SABOTAGE | https://suzuri.jp/SABOTAGE Instagram | @ucan_at_blackeyez 仙台在住 1997年、現在のスタイルの元になる活動を、地元の福島県會津で開始。 地元のライブフライヤー制作に携わり経験を積みながら、後に仙台へ移住。 パンク•ハードコアから影響を受けて同時期~現在に渡りバンド活動も並行して行なっており、現在Essenceというバンドでギターを弾いている。 2009年、ブランド『BLACKEYEZ』の活動開始を皮切りに、個展•イベント•ウェア制作などを行い、近年ジャンルを超えたアートワーク制作にも取り組みながら、日々進化を目指している。 Based in Sendai UCAN started what would form the core of his current style in 1997, in his hometown of Aizu in Fukushima. He built up experience working on flyers for local live shows before moving to Sendai. Influenced by punk and hardcore, he has been playing in bands from that time until now. He currently plays guitar in a band called Essence. With the launch of his brand “BLACKEYEZ” in 2009, he has produced solo exhibitions, events, and a clothing line, evolving his style day by day while creating new artwork that surpasses modern genres. ========================================================================= SHUTOPIA Instagram | @topiaplantim 福岡在住 幼少時代に従兄弟の影響で バンドや絵に興味を持つ 10代後半よりスケートボードを始める 音楽/ART/スケートボードから感じる自由で独創性ある世界観に魅了され バンド活動やジンの発行 (Enter the Void MAGAZINE ) ライブフライヤー、 友人のバンドアートワークなどを制作 ペン画や点描画、シルクスクリーン等様々な手法を試す中 現在は木版画での表現を追求中。 ada collective (ギタリストとして活動) 現在はNu-CA (ギタリストとして作曲、アートワークを担当) Based in Fukuoka As a child, introduced to bands and drawing by his cousin Started skateboarding in his late teens, playing in bands and publishing zines after becoming fascinated by the free and original worlds of music, art, and skateboarding (Enter the Void MAGAZINE ) Created flyers for live concerts, artwork for friends’ bands, and more Experiments with various techniques such as pen drawing, pointillism, and silkscreen, and currently exploring new artistic expressions through woodblock printing ada collective (as a guitarist) Currently Nu-CA (plays guitar, handles songwriting and artwork)
¥1,760
twelvekyoto
京都府京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル21号
TEL: 050-5438-7296
E-mail:info@twelvekyoto.com