Gray Window Press | twelvekyoto

Gray Window Press

 Debacle Path vol.2
Debacle Path vol.2
■小特集: ハードコア・パンクと学術 〔インタビュー〕 ・パンクは常に、「学校」だった/ジェフ・エヴァンス (Skaven, Lachrymose, Asunder) 80年代初頭のパンクとの出会いから90年代ベイエリア・シーンの話、アジア思想研究へ進んだ経緯から、現在のベイエリアのハイパー・ジェントリフィケーションの話まで。 ・パワーバイオレンスから思想犯罪まで/マックス・ウォード (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What Happens Next? Scholastic Deth他) 日本のパンクス、スラッシャーズもお世話になったMax 625。「パワーバイオレンスとは何だったのか」という回想から、アメリカの大学制度の基本的情報、日本史研究者として現在の日本社会をどう見ているかまで、24,000字超のロングインタビュー! ・私たちのパンクのアイデアを積極的に再考すべき/スチュアート・シュレイダー (Game of the Arseholes, Shit-Fi.com) 知る人ぞ知るパンク学者、スチュアートが見る現代のパンクシーンとは? 過去にリリースもしていたDiscloseへの言及は読み逃し厳禁! ・〔付録〕DSA(アメリカ民主社会主義者)について/A. K.アコスタ ・解説―学びの場としてのハードコア・パンク・シーン/鈴木 智士 ■エッセイ、寄稿 ・混迷こそが人生!/植本 展弘(Voĉo Protesta) ・誰のために歌うのか 天皇の戦争責任と日本語の歴史/前田 年昭 ・絶対兵役拒否宣言NEVER SAY DIE! ② ある絵が訴えかけてくるもの/モブ・ノリオ ・“Women’s Power”にパワーはあるのか? 脅迫的な自己主張の時代に表現するということ/アイシャ (Ignition Block M) ・〔イタリア〕  トリノのスクウォット事情 その2: インタビュー:Ossa Cave/Edera Squat/しろー ・〔トルコ〕 「パンク世代はいらない」 ―イスタンブールのパンクス/エリフ・エルドアン ・劇映画の中のパンクス 『処刑教室』からアンゲロプロスまで/鈴木 智士 ・〔レポート〕マンプラン バンドンのアーティスト10人展 ・UK CRUST meets INDUSTRIAL/久保 景(Deformed Existence) ■レビュー(音源、書籍、映画) ・Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36 / Beth Gibbons and the Polish National Radio Symphony Orchestra /鈴木 智士 ・The Caretaker/Everywhere At The End Of Time/ Terroreye (Kaltbruching Acideath) ・Thergothon / Through the Pits Of Time /鈴木 智士 ・離散者がいずれの国家も選択せず生きる道のり ―中村 一成『ルポ 思想としての朝鮮籍』/新井 一三 ・私たちの物語を ―チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』/堀エマソン ・「私たちの将来を考えなくてはいけない」 ―『異国に生きる 日本の中のビルマ人』/どあのぶ
¥ 1,540
京都府京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル21号
TEL: 050-5438-7296
E-mail:info@twelvekyoto.com