ZINE | twelvekyoto

ZINE

EL ZINE vol.47
EL ZINE vol.47
今号は昨年末に活動休止を発表…しかし来たる3月24日にKiliKiliVillaよりアルバムをリリースする女性ヴォーカル・ハードコア・パンク・バンド、NoNoNoが巻頭及び表紙となります。更にはメンバーの提案による、アルバムのテスト・プレス盤が10名様に当たるプレゼント企画もあり(※詳細は紙面をご覧ください)。 また、大阪からはBAR混沌HELLのマスターにしてex.GLOOM、ex.ZOE、ex.DEFECTORなどのギタリストTM SPIDER氏や、4月に12インチをリリースするthe GEROS、mouseから7インチをリリースしたばかりのOOPS、 他にもex.THE EXPLOITEDのDeptford John Armitageに東京メタル・パンク・バンドMILITARY SHADOW、フランスDIYパンク・シーン・レポート等々、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介。 ※バックナンバー取り揃えております。CONTACTよりお問い合わせください。 A4 表紙カラー 本文モノクロ 50ページ [内容] ●NoNoNo (昨年末に活動休止を発表…しかし来たる3月24日にKiliKiliVillaよりアルバムをリリースする女性ヴォーカル・ハードコア・パンク・バンド、NoNoNoへの3万文字オーヴァーの超ロング・インタヴュー。更にはメンバーの提案による、アルバムのテスト・プレス盤が10名様に当たるプレゼント企画もご用意しました[インタヴューの最後に応募券を印刷してありますので、それを切り取ってハガキで応募して頂く形です]) ●Deptford John Armitage (ex.COMBAT 84~ex.U.K. SUBS~ex.THE EXPLOITEDのDeptford John Armitageが、THE EXPLOITEDのクロスオーヴァー期について語るインタヴューby Negative Insight) ●TM SPIDER (大阪BAR混沌HELLのマスターにして、ex.GLOOM~ex.ZOE~ex.DEFECTORなどのギタリストTM SPIDER氏へのインタヴューby T.K./DEFORMATION QUADRIC) ●Umea Punk City (ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム) ●the GEROS (4月に5曲入り12インチEPをリリースする大阪のパンク・ロック・バンド、the GEROSへのインタヴュー) ●ORAL (1985年リリースの「SEX」12インチが再発された、イギリスのガールズ・メタル・パンク・バンドORALの知られざるバイオグラフィby大倉 了/RECORD BOY) ●MILITARY SHADOW (昨年末に新作カセット・テープをリリースした東京メタル・パンク・バンド、MILITARY SHADOWへのインタヴューbyツトム/悲観レーベル) ●STORY OF ANTI CIMEX (ex.DS-13~現EXILの138がメンバーに取材し、新たに綴られるANTI CIMEXの物語[連載]) ●フランスDIYパンク・シーン・レポート (フランス各都市で活動しているパンク/ハードコア・バンドを紹介するシーン・レポートby Romain) ●PUNK LIVES!! (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、同国のTHE BOLD AND THE BEAUTIFULとチェコのSEE YOU IN HELLのライヴ・フォト・レポート) ●OOPS (mouseから7インチをリリースしたばかりの、ex.BAD DIRTY HATEのメンバーらによる大阪のバンドOOPSへのインタヴューby Jin Windam/LOVE OVER VOLTAGE) ●JOUKKOHAUTA (フィンランドの都市ヨエンスーのメタリック・ロウ・パンク・スラッシャーズ、JOUKKOHAUTAへのインタヴュー) ●Anti-Art Book Review (アートブックの書評by Yoshi Yubai) ●Incredibly Strange Photography (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubaiによる写真連載) ●LASHING SPEED DEMONS:BLUE OYSTER CULT (昨年10月に19年ぶりとなるニュー・アルバム「THE SYMBOL REMAINS」をリリースした、BLUE OYSTER CULTの詳細なバイオグラフィby大越よしはる)
¥ 600
TREMATODA ZINE Vol.4
TREMATODA ZINE Vol.4
※予約商品となります。1月30日発売日より随時発送させていただきます。 国内のパンク、ハードコアシーンを軸にストリートカルチャーなど ボーダーレスに活動を繰り広げるPUNKアーティストを世界に発信するプロジェクト “TREMATODA”によるパンクアートジン第4弾リリース! 今回も広く活躍する4名を仙台、東京、名古屋、福岡より召喚! アーティスト各々の表現がぶつかり合う最高の一冊!バイorダイ!! VOL.4参加アーティスト END [東京] , NAITIN [愛知/名古屋] UCAN [宮城/仙台], SHUTOPIA [福岡] LTD 500 A4サイズ:21cm x 29.7cm モノクロ 52P END START FROM END | http://startfromend.com/ Instagram | @endflyer Flyer Artist HARDCOREやPUNKシーンを中心にフライヤーアーティストとして活動中。 影響を受けた90年代のUS HARDCOREやPUNKのフライヤーを中心に、現代のフライヤーへと継承する姿勢や信念が特徴的なスタイル。 自身の活動する場所、ライブハウスやバンドなどのアートワークや、個展や主催するアート展、イベントでのライブペイントなどで世界観を表現しています。 Flyer Artist END is active as a flyer artist mainly in the hardcore and punk scenes. His unique style is characterized by an attitude and beliefs carried over from his influences, mainly the US hardcore and punk flyers of the 90’s, as well as modern flyers. END expresses this worldview through works of art for venues where is active -- live music halls, bands, and more -- as well as through solo exhibitions, art shows he headlines, and paintings done live at events. =================================================================== Naitin Twitter | @naitin2 Instagram | @naichin3 1967年生まれ名古屋で活動していますnaitinと申します。 YMOと映画音楽が好きだった小学生が中学に上がる80年の春と同時にSEXって単語にドキッん! こんなくだらない理由でPUNKとSEX PISTOLSと出会ってしまう事に(笑 と、同時に亜無亜危異、RC、横浜銀蝿など、ちょっとズレタバンド(失礼)に夢中になり、、、ヒネクレ人生がスタートしてしまった(笑 そして決定的な出会いがDISCHARGE!!! 聴いた瞬間背中がゾゾゾッ!てしちゃいましたわ~全く新しい音楽だっ!と感動! もうこの日からSPEED&NOISE!まっしぐらですよ! 気が付くとドンドンスピードアップした音にのめり込み! パンクロックなんて直ぐに飽きそうなもんなんだがコレがなかなか奥が深いのです~いまだに90%は毎日聴いています(汗 後は超初心者級原始人なドラム叩くのが大好き! テクニックなんか問題じゃないっす!!! 皆の嫌そうな顔見るとますます燃えますわ~(笑 今はSOCIAL PORKSってオジさん2人組でサーフ&スラッシュなバンドやってます!それとSIBAFÜとEGG CONDITIONってバンドもやってます! あ、イラストの話ししなくちゃ! コンピュータはサッパリ分からないからコンビニ往復しコピーとって切り貼りして、ジャケットやフライヤーをボールペンで描き描きしています。 テクニックも無く雑なイラストですが、楽しく描いていおります。 I’m naitin, born in 1967, living and working in Nagoya. I loved YMO and movie soundtracks in elementary school. Around the time I moved up to junior high in the spring of 1980, the word “sex” caught my attention somewhere, and that’s the stupid reason I ended up discovering the Sex Pistols and punk in general, LOL. Around then I became obsessed with bands that were a little bit “off” (sorry!), like Anarchy, RC, and Yokohama Ginbae... and my twisted life started from that point, LOL. But the most important discovery for me was DISCHARGE. The second I heard them, shivers went up and down my spine - it was amazing! Just a totally new kind of music. I was all about speed & noise from that day on! Before I knew it I was hooked on faster and faster sounds! Some people think punk rock gets boring quickly, but it’s actually really deep -- I still listen to punk about 90% of the time, haha. Aside from that, I love beating the hell out of the drums like a caveman who just got his first pair of sticks! I don’t care about technique -- the more annoyed people look, the more fun I have, LOL. Right now I’m in a surf & thrash band called SOCIAL PORKS with one other old geezer. I’m also in two other bands, SIBAFÜ and EGG CONDITION! Oh, and I almost forgot about my illustrations! I draw jackets, flyers, and things like that with ballpoint pens -- I don’t know the first thing about computers, so I’m constantly going back and forth to convenience stores, making copies, and cutting and pasting everything together. They’re messy pictures with no technique but I have a ton of fun drawing them! ========================================================================= UCAN BLACKEYEZ | blackeyez.thebase.in SABOTAGE | https://suzuri.jp/SABOTAGE Instagram | @ucan_at_blackeyez 仙台在住 1997年、現在のスタイルの元になる活動を、地元の福島県會津で開始。 地元のライブフライヤー制作に携わり経験を積みながら、後に仙台へ移住。 パンク•ハードコアから影響を受けて同時期~現在に渡りバンド活動も並行して行なっており、現在Essenceというバンドでギターを弾いている。 2009年、ブランド『BLACKEYEZ』の活動開始を皮切りに、個展•イベント•ウェア制作などを行い、近年ジャンルを超えたアートワーク制作にも取り組みながら、日々進化を目指している。 Based in Sendai UCAN started what would form the core of his current style in 1997, in his hometown of Aizu in Fukushima. He built up experience working on flyers for local live shows before moving to Sendai. Influenced by punk and hardcore, he has been playing in bands from that time until now. He currently plays guitar in a band called Essence. With the launch of his brand “BLACKEYEZ” in 2009, he has produced solo exhibitions, events, and a clothing line, evolving his style day by day while creating new artwork that surpasses modern genres. ========================================================================= SHUTOPIA Instagram | @topiaplantim 福岡在住 幼少時代に従兄弟の影響で バンドや絵に興味を持つ 10代後半よりスケートボードを始める 音楽/ART/スケートボードから感じる自由で独創性ある世界観に魅了され バンド活動やジンの発行 (Enter the Void MAGAZINE ) ライブフライヤー、 友人のバンドアートワークなどを制作 ペン画や点描画、シルクスクリーン等様々な手法を試す中 現在は木版画での表現を追求中。 ada collective (ギタリストとして活動) 現在はNu-CA (ギタリストとして作曲、アートワークを担当) Based in Fukuoka As a child, introduced to bands and drawing by his cousin Started skateboarding in his late teens, playing in bands and publishing zines after becoming fascinated by the free and original worlds of music, art, and skateboarding (Enter the Void MAGAZINE ) Created flyers for live concerts, artwork for friends’ bands, and more Experiments with various techniques such as pen drawing, pointillism, and silkscreen, and currently exploring new artistic expressions through woodblock printing ada collective (as a guitarist) Currently Nu-CA (plays guitar, handles songwriting and artwork)
¥ 1,760
TREMATODA ZINE Vol.3
TREMATODA ZINE Vol.3
TREMATODA ZINE 第三弾 日本にてパンク、ハードコア、様々な音楽シーンや ストリートカルチャーに携わるアーティストを世界に発信するプロジェクトTREMATODAによる パンクアートジン第三弾リリース!! 今回も国内外問わず活躍する強力な4名を召喚!! featuring- SUGI [IWAKUNI] TOYO/トヨカツ[OSAKA] ZUKK ARTWORK/尾崎ずっく[FUKUSHIMA] 072[KOBE] 作者各々の生き方、経験、立場、環境など、 全てひっくるめて繰り出される表現は圧巻!! その作品の向こう側に何が見える!? 近年の作品を含む最高の一冊!バイorダイ!! 限定800部 A4サイズ:21cm x 29.7cm モノクロ 52P _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ こちらの商品はプレオーダーとなっております。 商品の到着は発売日の10月28日前後となります。 This item is pre-ordered. The arrival of goods will be around Oct 28th. _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ For Overseas customer. it is possible to pay with paypal. Please ask price and shipping cost. e:mail info[at]trematoda.net ================================================ _________________________________________________________________ SUGI [IWAKUNI] Facebook/akihiko sugimoto.378 Instagram/sugi.hardcoredrawings profile: 1969年生まれ。山口県岩国市在住。 高校時代、当時のインディーズ・ブームにハマり、パンク&ハードコア音楽を聴き始める。80年代末、幼い頃から絵を描くことが好きだったこともあり、パスヘッド、トム等に触発され、デザイン活動を開始。以来、主に広島を拠点とし、国内外のハードコア・バンドのライブ・フライヤー、レコード及びCDのジャケット、Tシャツ、ポスター等のデザインを描き続けている。 日本の漫画とアニメが死ぬほど好きで、双方からの影響は計り知れない!!! 好きな言葉は、FIGHT TO THE END OF THE WORLD!!!!!! Born 1969. Resides in Iwakuni-shi, Yamaguchi prefecture. Started listening to punk & hardcore music in high school period when indies music was a trend. The fact that he loved drawing from his youth and the inspiration of PUSHEAD & TOM lead to his start of design activities in the late 80’s. Since then, he has been mainly based in Hiroshima, continues to draw designs likes of hardcore band gig flyers, records, CD album covers, T-shirts & posters etc. The influence he received from both favorite Japanese cartoons & animations are immeasurable. Favorite word: FIGHT TO THE END OF THE WORLD!!!!! _________________________________________________________________ TOYOKATSU / TOYO ZYANOSE/VOCAL FRAMTID/BASS SCENE DEATH TERROR/GUITAR 自分のバンドや友人のバンドのアートワークしてます。 He creates art work for his band & for his friend’s bands. _________________________________________________________________ ZUKK ARTWORK/尾崎ずっく [FUKUSHIMA] https://www.zukkartwork.com/ 福島県相馬郡在住 90年代後半からイラストレーター、00年頃から漫画家として活動。 商業活動をする傍らZUKK名儀でハードコアパンク関連のフライヤー、ジャケットアートワーク等、バンド活動へのアプローチを始め、近年ではライブペイント、個展等の活動も行っている。 作家本人もドラマーとして活動しており、2015年までASPIRIN、現在はFIDO'S BRUNCHでプレイしている。 Resides in Soma-gun Fukushima prefecture Working as an illustrator since late 90’s, as cartoonist from around 2000. Besides commercial activities, he started approaching band activities such as hardcore punk flyers, album cover arts, etc., under the name of ZUKK. Recently started live painting & solo exhibitions as well. He is also known as drummer of ASPRIN until 2015 and currently of FIDO’S BRUNCH. _________________________________________________________________ 072 [KOBE] 1986年4月1日兵庫県神戸市生まれ。 自身のバンドDisturdの自主企画「FROM THE DARKSIDE」のフライヤーを主に、Sex Messiah、Second To None、assembrage、Demolition、Swarrrm等のバンドのアートワークを手掛ける。 was born in Kobe, Hyogo on 1 April 1986. He mainly designs the flyers for the FROM THE DARKSIDE gig organized by his band Disturd. In addition, he dealt with the artworks of Sex Messiah, Second To None, assembrage, Demolition, and Swarrrm, e
¥ 1,760
TREMATODA ZINE VOl.2
TREMATODA ZINE VOl.2
REMATODA ZINE VOl.2 第二弾リリースはパンク、ハードコア、グラインドなどの音楽シーンからスケート、ファッションなどボーダーレスな活動を繰り広げるANÜSTES, TKC ARTWORKS,SADAM YOSHIZAWA, SHUNSUKEの4名を召喚! それぞれのアプローチで表現されるイメージは圧巻! アーティストの近年の歩みが凝縮された濃厚パンクアートジン! featuring ANüSTES(Hokkaido) TKC ARTWORKS(Kobe) Sadam Yoshizawa(sendai) Shunsuke(Gifu) 限定800部 A4サイズ:21cm x 29.7cm モノクロ 52P ================================================ For Overseas customer. it is possible to pay with paypal. Please ask price and shipping cost. e:mail info[at]trematoda.net ================================================ ANÜSTES https://www.facebook.com/Momentary-Psycho-Art-MPA-253892121313084/ http://momentarypsychoart-news.tumblr.com Profile: 北海道生まれ。 幼少期より絵を描き始める。 2003年東京にてANüSTESは自主プロジェクト、Momentary Psycho Artを設立。 国内での個展、国内外での合同展、野外フェス等へ参加。手刷りと手作業での着色(染め)により衣料品や額装物にて表現。 また、国内外のハードコアパンク、デスメタル、ストーナーロックバンド等へアートワークを提供。スケート、ギャラリー、アパレルブランドまで濃厚な場でのアートワークを担当。 現在は東京から北海道に移住。 圧倒的な”刹那(SETSüNA)”を表現したく活動し続けている。 今までに関わった場: gamy,GUEVNNA,TOY LET,WOLFGANG JAPANTOUR,motiveless,COME BACK FROM THE DEAD(SPAIN),Little Miss and the No Names(US),ムエルテ画廊,violent grind, mok(THAI),ANARC OF HEX,TOWERING TEAROR(CANADA),REAL SHOCKS MATTER,HEX ANTISTYLE,,,etc Born in Hokkaido. Drawing from childhood. Established self project “Momentary Psycho Art” in Tokyo(2003). Put on domestic solo-exhibition and participated in both domestic and foreign joint exhibitions & outdoor music festivals. ANÜSTES expression of hand print & hand dyeing are presented in garment and picture frame. Also, have provided many artworks to hardcore punk, death metal and stoner rock bands for both Japan and oversea. Collaborated with skateboarding, gallery & apparel brands. Currently moved to Hokkaido from Tokyo. Continuously producing artwork to express overwhelming moments“(SETSÜNA)” Involved Work gamy, GUEVNNA, TOY LET, WOLFGANG JAPAN TOUR, motiveless, COME BACK FROM THE DEAD(SPAIN), Little Miss and the No Names(US), galeria de muerte, violent grind, mok(Thai), ANARC OF HEX, TOWERING TEAROR(CANADA), REAL SHOCKS MATTER, HEX ANTISTYLE,,,etc. __________________________________________ TKC ARTWORKS (Takashi Kawasaki) http://artcorpse.exblog.jp Profile: 1983年生まれ。 滋賀県出身、兵庫県神戸市在住。 幼少の頃よりホラーマンガ、モンスター映画にのめり込み、絵を描き始める。 高校時代から滋賀〜京都〜大阪のライブハウスに通いだし、大学在学中の2000年代前半よりギグフライヤーの製作をきっかけに活動開始。 以降、ハードコアパンク、グラインドコア、スラッシュ、デスメタルバンドのアートワークを中心に製作活動展開中。 怪奇・幻想・SF小説、1960年代〜1990年代あたりのホラー映画、コミックアートに強く影響を受ける。 近年はイラストレーションの製作に加え、レザージャケット等へのペイントワークにも精力的である。 1番好きな画材は「ぺんてる」の筆ペン。 Born 1983 in Shiga prefecture. Resides in Kobe, Hyogo prefecture. Started drawing after being influenced by horror comics & monster films which he deeply got into when he was a child. In his high school period, he began going to Shiga, Kyoto & Osaka music venues. In the early 2000 while he was still in university, started to design GIG Flyers. This was when TKC ARKWORKS was born. Since then he has been mainly providing art work to hardcore, grind core, slash & death metal bands. Highly effected by mystery, fantasy, science fiction novels, 1960-1990's horror films and comic arts. Recently he has been very active in paint works (leather jackets painting etc.) as well as illustration. Favorite art weapon(drawing material) : Pentel brush pen __________________________________________ Sadam Yoshizawa http://sdm-r-arm.com @sadam215 1979年2月生まれ。宮城県仙台市在住。クロスハッチング、点描によるイラストレーション作品を多数制作。これまでスケートボードカンパニーを中心にクロージングブランド、ショップ等に多くの作品を提供。国内外で精力的に活動中。オリジナル作品も継続的に製作し定期的な個展の開催や合同展にも積極的に参加し発表の場にしている。 最近では活動分野をさらに広げながら型にハマらない表現手法、表現思考を日々のスケッチを通して探究し、自身の作品制作に繋げている。 Born in February of 1979. Resides in the city of Sendai, Miyagi Prefecture. Produces countless illustrations utilizing crosshatching and pointillism. Up until now his work has focused on creating artworks mainly for skateboard companies, as well as clothing brands and shops.Currently works both in Japan and overseas. Sadam continuously produces original works and regularly exhibits in both solo and group shows. Through the process of daily sketching, Sadam pushes himself to constantly search for new techniques and methods of self-expression, a philosophy that bears a direct relation to his artworks. __________________________________________ Shunsuke @shunsuke5626 Profile: 岐阜在住 十代後半からパンク ハードコア メタルに興味を持ちその頃から、様々な作家のジャケットアートワークやフライヤーに衝撃を受ける 特に点描を使った絵に惹かれ描きはじめる 本格的に描きだしたのは20代半ばで、ジャケット、フライヤー、Tシャツなどのイラストを描くようになる Karasukiller recordsをはじめDARGE、SOCIAL CHAOS、DEATHRAISER、SEE YOU IN HELLなど ハードコアパンク、スラッシュメタル、グラインドコア、国内外問わずアートワークを手掛ける Resides in Gifu prefecture. In the latter teens, he became interested in fields of punk, hardcore & metal. At that time, he was shocked by the album cover arts and flyers of various artists. Especially pointillism which has led to his start. Drawing in earnest during his mid 20's when he illustrated many album covers, flyers and T-shirts. Including work with Karsukiller records, he has provided art work for both Japan and oversea bands of hardcore punk, slash metal, grind core such as DARGE, SOCIAL CHAOS, DEATHRAISER, SEE YOU IN HELL,,,etc.
¥ 1,760
MADE IN SHUTOPIA /SHUTOPIA
MADE IN SHUTOPIA /SHUTOPIA
TREMATODA ZINE VOL4参加の SHUTOPIA氏の作品集が入荷しました。 自信のバンドのマーチャンダイズを始め、 福岡HAR CORE/ PUNKシーンのフライヤーなど 数多くのアートワークを掲載。 最近は、木版画をメインに力強い作品を制作されています。 掲載点数も多く見応えありの一冊です!

 A5サイズ モノクロ/カラー 40P
 ステッカー&ピンバッジ付 ※バッジのデザインランダム封入となります。 SHUTOPIA Instagram | @topiaplantim 福岡在住 幼少時代に従兄弟の影響で バンドや絵に興味を持つ 10代後半よりスケートボードを始める 音楽/ART/スケートボードから感じる自由で独創性ある世界観に魅了され バンド活動やジンの発行 (Enter the Void MAGAZINE ) ライブフライヤー、 友人のバンドアートワークなどを制作 ペン画や点描画、シルクスクリーン等様々な手法を試す中 現在は木版画での表現を追求中。 ada collective (ギタリストとして活動) 現在はNu-CA (ギタリストとして作曲、アートワークを担当) Based in Fukuoka As a child, introduced to bands and drawing by his cousin Started skateboarding in his late teens, playing in bands and publishing zines after becoming fascinated by the free and original worlds of music, art, and skateboarding (Enter the Void MAGAZINE ) Created flyers for live concerts, artwork for friends’ bands, and more Experiments with various techniques such as pen drawing, pointillism, and silkscreen, and currently exploring new artistic expressions through woodblock printing ada collective (as a guitarist) Currently Nu-CA (plays guitar, handles songwriting and artwork)
¥ 1,300
UCAN /MARKING 2017
UCAN /MARKING 2017
仙台・会津若松を拠点に活動するアーティスト UCAN/BLACK EYEZの2017にリリースされた作品集 UCAN氏 のきめ細やな点描のグラデーション美しい。 関西では中々手にできないZINEとなります。 BLACK EYEZとしてアパレルも展開中! http://prisongalleryofucan.blogspot.com/ A4サイズ モノクロ 20P UCAN BLACKEYEZ | blackeyez.thebase.in SABOTAGE | https://suzuri.jp/SABOTAGE Instagram | @ucan_at_blackeyez 仙台在住 1997年、現在のスタイルの元になる活動を、地元の福島県會津で開始。 地元のライブフライヤー制作に携わり経験を積みながら、後に仙台へ移住。 パンク•ハードコアから影響を受けて同時期~現在に渡りバンド活動も並行して行なっており、現在Essenceというバンドでギターを弾いている。 2009年、ブランド『BLACKEYEZ』の活動開始を皮切りに、個展•イベント•ウェア制作などを行い、近年ジャンルを超えたアートワーク制作にも取り組みながら、日々進化を目指している。 Based in Sendai UCAN started what would form the core of his current style in 1997, in his hometown of Aizu in Fukushima. He built up experience working on flyers for local live shows before moving to Sendai. Influenced by punk and hardcore, he has been playing in bands from that time until now. He currently plays guitar in a band called Essence. With the launch of his brand “BLACKEYEZ” in 2009, he has produced solo exhibitions, events, and a clothing line, evolving his style day by day while creating new artwork that surpasses modern genres.
¥ 1,000
【ZINE】『大阪の中華食材店と中華料理屋への若干の所感』山本佳奈子
【ZINE】『大阪の中華食材店と中華料理屋への若干の所感』山本佳奈子
ウェブzine 「Offshore」を運営するライター山本佳奈子氏が が大阪で味わった中華料理屋や 中華食材店の分布や傾向を書いたエッセイzine。 最近言わる町中華ではなく、現地中華系に絞られた情報。 中国福建省に留学していた氏が認める料理店など コロナが落ち着いたらこちらを持って出かけたくなる一冊。 金城サイクルのストーリもほっこりします。 <目次> ・はじめに 第 1 章 大阪市西区 旧川口居留地とその周辺 ・中国からの移民の始まり〜川口居留地にやってきた華商の歴史と謎 ・北京料理 新華園 ・徐福大飯店 ・福州小吃 ・金城サイクル 第 2 章 島之内~日本橋あたりを見渡す ・大阪の " 中華料理 " 街(四川・内モンゴル) ・甘蘭牛肉麺 日本橋本店 ・さよなら Laox、勝ち誇る冰城 第 3 章 大東市の朝市 ・大東市に毎週日曜現れる朝市 ・中華食材、どこで買ってる? あとがき リソグラフ A5サイズ 【 山本佳奈子 / Profile 】 ライター。アジア(特に中国語圏)のメインストリームではない音 楽や、社会と強く関わりをもつ表現活動に焦点をあて、ウェブzine 「Offshore」にてインタビュー記事を執筆。不定期に発行してい る紙のzineではエッセイを書く。2015年から2017年まで那覇に 暮らし、2017年から2018年までの一年間は中国福建省福州市に て語学留学。その後また那覇に戻り、約一年間暮らす。2019年10 月より大阪市に住み、2020年11月からは神戸市に住む。尼崎市出身。 https://offshore-mcc.net
¥ 880
CHIC SALE MAGAZINE Vol.2
CHIC SALE MAGAZINE Vol.2
茨城県土浦市にて、本、アパレル、レコード、ギャラリー、スタジオ(現在閉鎖中)、から デザイン、グッズ制作まで手掛けるお店"シークセール"さんが発行する CHIC SALE MAGAZINE の第二弾。 発行部数が少ない中、当店でも少量入荷させていただきました。 イラスト、童話、漫画から小説など多彩な内容! 当店でも親交のあるdabstar氏のインタビューも掲載! 【CHIC SALE MAGAZINE Vol.2 INFORMATION】 こんな世の中だろうとどんな世の中だろうと、表現したい欲求は止まらないのは皆一緒ですよね?というわけで、今現在表現したいことを5人の表現者それぞれがやりたい形でブチまけた『CHIC SALE MAGAZINE Vol.2』登場です! バンドで言えばVarious Artistsのミニアルバムといったところです。図鑑、漫画、文学、インタビューなど、アーティストそれぞれが激しい個性を爆発させ形にしました。 A5サイズ、カラー16ページ、白黒64ページで合計80ページの読み応えたっぷりの冊子です!限定100部!! 【内容】 ●大海赫:書き下ろし童話『バイキン図鑑』 ●橋野裕二:書き下ろし小説『詩魚』 ●松原未登:描き下ろし漫画『けはいたち』 ●dbstr:インタヴュー&アートワーク ●ゲルピン:描き下ろし漫画『窓から見える空の色をおしえてください』 【詳細】 ●大海赫さんは、1960年代から活躍する童話作家です。人間のダークサイドを深くえぐる作風は、当時の子供たちを震え上がらせましたが、童話界からしばらく姿を消していました。2000年代になり、大人になった当時の子供たちがこぞって復刊ドットコムに熱いリクエストを送り、幻と言われた大海作品が多数蘇りました。2019年に舞台化もされた代表作「ビビを見た!」や、短編集「メキメキえんぴつ」、「ドコカの国へようこそ!」などダークな作品が多く復刊されましたが、そのほとんどが既に廃刊になりました。再びの復刊を願うばかりです。現在まもなく90歳。その大海さんがなんとシークセールマガジンに新作を書き下ろしくださいました!当時から1ミリも衰えぬ深く鋭い目線で世の中を斬りつけます!私たちの心に深く潜む闇を暴き出すかのような新作が読めるのはシークセールマガジンVol.2だけ!その名も『バイキン図鑑』!必読! ●橋野裕二さんは金沢のバンドLeft Nerve Imitationのドラム・ボーカル担当です。今回書き下ろしていただいた文学作品『詩魚』は超大型新人現れた感満載の、美しくも鮮明な筆致で文学界に殴り込み!彼のライブパフォーマンスを思わせる精神世界の爆発です!是非体感してほしい!今後の動向も非常に楽しみ!! ●松原未登さん(ex.ArrangementsのGt.)は、現在シークセールの優秀なスタッフとしてTシャツプリント等の業務を日々こなしてくれています。20代半ばにして達観した宇宙や大自然に対する目線で描かれる世界は心震えます。是非もっと多くの人に読んでほしい絵本的な漫画です。 ●dbstr(ダブスター)は様々なバンドのジャケットなども手掛ける東京のグラフィックアーティストです。現在の作風にたどり着くまでのルーツを含め、私が聞きたい質問をメールにてぶつけてみました!今まであまり語られなかったレアな話がたくさん聞けましたので是非お楽しみください!アート作品もめちゃめちゃクール! ●ゲルピンはシークセールのデザイナーで、シークセールマガジンの責任編集者です。創刊号から2年近くかけてやっと第二号ができあがりました。泣 今現在、一番言いたかったことを言ったつもりです。創刊号を読んだ人にしかわからない続編を隠しキャラ的に登場させた漫画を描きました。 著者 : 大海赫/橋野裕二/松原未登/dbstr/ゲルピン デザイン/編集:川崎美緒(ゲルピン) 出版:シークセール サイズ : A5(148×210×5.6mm) ページ数 : 80ページ 限定100部!!
¥ 1,100
EL ZINE vol.46
EL ZINE vol.46
[内容] ●惡AI意 (福岡県北九州市のハードコア・パンク・ロック・バンド、惡AI意のヴォーカリストである小出忠臣氏へのロング・インタヴューby T.K.) ●Penny Rimbaudが語るCaptain Sensible (1981年にCrass RecordsからリリースされたCaptain Sensible[THE DAMNED]のソロEP『This Is Your Captain Speaking』。そのリリースの背景やCaptainについて、CRASSのPenny Rimbaudが語るインタヴューby Negative Insight) ●Recordshops Recommended Records 2020 (レコード屋さんにその年のオススメ音源を5枚挙げてもらう年末恒例の企画。参加して頂いたレコード屋さんは: ・RECORD SHOP DIGDIG ・70s Records ・DISK UNION ・RECORD BOY ・RECORD SHOP BASE ・disk shop MISERY ・PUNK AND DESTROY ・Record Shop A-Z ・record KNOX) ●DESPERDICIOと仙台ハードコア (仙台のハードコア・パンク・バンドDESPERDICIOへのインタヴューと、メンバーが語る仙台ハードコア・シーンの歴史by武山/Mothperdicio Tapes) ●Teodoro Hernandez (DESTRUCCIONやFIRMEZA 10などで活動し、DESPERDICIOやVOCO PROTESTAなど数多くのバンドのアートワークも手掛けるスパニッシュ・パンクス、Teodoroへのインタヴュー) ●STORY OF ANTI CIMEX (ex.DS-13~現EXILの138がメンバーに取材し、新たに綴られるANTI CIMEXの物語[連載]) ●CHUCK (KUOLEVAのドラマーにして、ex.ROXY~MACC etcの福岡ティーンエイジ・パンクス、CHUCK氏へのインタヴューbyモヤシ/DEFORMATION QUADRIC/THE ANTIDOTE/POIKKEUS?) ●我殺-RUDE BEATS- (2019年にNeo Family Recordsから新譜をリリースしたジャパニーズ・パンク・バンド、我殺-RUDE BEATS-へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル) ●Umea Punk City (ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム) ●THE SMOG (ニュー・シングルのリリースを控える大阪のパンク・ロック・トリオ、THE SMOGへのインタヴューby Shooter/the GEROS) ●PUNK LIVES!! (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、アメリカのFROM ASHES RISEとEXIT ORDERのライヴ・フォト・レポート) ●Anti-Art Book Review (アートブックの書評by Yoshi Yubai) ●Incredibly Strange Photography (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubaiによる写真連載) ●LASHING SPEED DEMONS:AC/DC (11月にニュー・アルバム『PWR/UP』をリリースしたAC/DCの、結成~現在に至るまでのバイオグラフィby大越よしはる) A4 表紙カラー 本文モノクロ 50ページ ※バックナンバー取り揃えております。CONTACTよりお問い合わせください。
¥ 600
 Debacle Path vol.2
Debacle Path vol.2
■小特集: ハードコア・パンクと学術 〔インタビュー〕 ・パンクは常に、「学校」だった/ジェフ・エヴァンス (Skaven, Lachrymose, Asunder) 80年代初頭のパンクとの出会いから90年代ベイエリア・シーンの話、アジア思想研究へ進んだ経緯から、現在のベイエリアのハイパー・ジェントリフィケーションの話まで。 ・パワーバイオレンスから思想犯罪まで/マックス・ウォード (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What Happens Next? Scholastic Deth他) 日本のパンクス、スラッシャーズもお世話になったMax 625。「パワーバイオレンスとは何だったのか」という回想から、アメリカの大学制度の基本的情報、日本史研究者として現在の日本社会をどう見ているかまで、24,000字超のロングインタビュー! ・私たちのパンクのアイデアを積極的に再考すべき/スチュアート・シュレイダー (Game of the Arseholes, Shit-Fi.com) 知る人ぞ知るパンク学者、スチュアートが見る現代のパンクシーンとは? 過去にリリースもしていたDiscloseへの言及は読み逃し厳禁! ・〔付録〕DSA(アメリカ民主社会主義者)について/A. K.アコスタ ・解説―学びの場としてのハードコア・パンク・シーン/鈴木 智士 ■エッセイ、寄稿 ・混迷こそが人生!/植本 展弘(Voĉo Protesta) ・誰のために歌うのか 天皇の戦争責任と日本語の歴史/前田 年昭 ・絶対兵役拒否宣言NEVER SAY DIE! ② ある絵が訴えかけてくるもの/モブ・ノリオ ・“Women’s Power”にパワーはあるのか? 脅迫的な自己主張の時代に表現するということ/アイシャ (Ignition Block M) ・〔イタリア〕  トリノのスクウォット事情 その2: インタビュー:Ossa Cave/Edera Squat/しろー ・〔トルコ〕 「パンク世代はいらない」 ―イスタンブールのパンクス/エリフ・エルドアン ・劇映画の中のパンクス 『処刑教室』からアンゲロプロスまで/鈴木 智士 ・〔レポート〕マンプラン バンドンのアーティスト10人展 ・UK CRUST meets INDUSTRIAL/久保 景(Deformed Existence) ■レビュー(音源、書籍、映画) ・Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36 / Beth Gibbons and the Polish National Radio Symphony Orchestra /鈴木 智士 ・The Caretaker/Everywhere At The End Of Time/ Terroreye (Kaltbruching Acideath) ・Thergothon / Through the Pits Of Time /鈴木 智士 ・離散者がいずれの国家も選択せず生きる道のり ―中村 一成『ルポ 思想としての朝鮮籍』/新井 一三 ・私たちの物語を ―チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』/堀エマソン ・「私たちの将来を考えなくてはいけない」 ―『異国に生きる 日本の中のビルマ人』/どあのぶ
¥ 1,540
EL ZINE vol.45
EL ZINE vol.45
●LUCIFER (ENTOMBEDやTHE HELLACOPTERSなどで知られるNicke Anderssonがドラムを、そしてSONIC RITUALのLinnea Olsson[vol.2とvol.28にインタヴューを掲載]と共に、THE OATHで活動したJohanna Sadonisがヴォーカルを務めるドゥーム・ロック・バンド、LUCIFERへのインタヴュー。※インタヴューにはJohannaが応じてくれています) ●ボリス (Blood Sucker Recordsから愚鈍のカヴァー曲を含む、"ハードコア・パンク"なアルバムをリリースし、更にはMangroveとFangsanalsatanからの旧作リイシューも予定しているボリスへのインタヴューby 恒遠聖文) ●STORY OF ANTI CIMEX (ex.DS-13~現EXILの138がメンバーに取材し、新たに綴られるANTI CIMEXの物語[連載]) ●DISFEAR (アルバム『Live The Storm』から12年。スウェーデンのD-Beatロックンロール・バンドDISFEARの近況や、『Live The Storm』の制作秘話、そして新譜についてなど、ドラムのMarcus Anderssonがインタヴューに応じてくれました) ●TEPPEI MIKI (東京を中心に活動するパンク写真家、TEPPEI MIKIへのインタヴュー&ライヴ写真を掲載by Shooter/the GEROS) ●LONG KNIFE (PDX's 21st Century Kings of Punk!ポートランドのハードコア・パンク・バンド、LONG KNIFEのヴォーカリストであるColinへのインタヴュー。併せて、Colin がヴォーカルを務めるLONG KNIFEとPOISON IDEAメンバーによるハードコア・プロジェクト、FETISHについても質問しています) ●PUNK LIVES!! (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、イギリスのCRESSとアメリカのCRIATURASのライヴ・フォト・レポート) ●ICONOCLAST (ロサンゼルスを拠点に活動していた80’sアナーコ・ハードコア・パンク・バンド、ICONOCLASTへのインタヴューby Negative Insight) ●DAME (EXIT ORDERやLEATHER DADDYといったボストン・ハードコア・バンドで活動してきたメンバーらによる、オール・フィメール・ゴス/ポスト・パンク・バンド、DAMEへのインタヴュー) ●POST PUNK FROM HARDCORE (弊誌で度々取り上げている、"ハードコア・シーン出身のメンバーによるポスト・パンク・バンド"。具体的にどんなハードコア・バンドで彼/彼女たちは活動してきたのかを、ディスク・レヴュー形式で紹介) ●GAIDO-害毒- (熊本を拠点に活動しているハードコア・パンク・バンド、GAIDO-害毒-へのインタヴューby T.K./DEFORMATION QUADRIC) ●SLIME~ジャーマン・パンク・ヒストリー (79年にドイツで結成されたパンク・バンド、SLIMEのオリジナル・ギタリストであるElfへのインタヴュー後編by Grzester) ●Umea Punk City (ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム) ●The Pianica (ex.JHONETU-Xのメンバーらによるパンク・ロック・バンド、The Pianicaへのインタヴューbyツトム/悲観レーベル) ●Anti-Art Book Review (アートブックの書評by Yoshi Yubai) ●Incredibly Strange Photography (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubaiによる写真連載) ●LASHING SPEED DEMONS:NOISECONCRETE×3CHI5 (名古屋を拠点に活動しているグラインドコア・バンドGANG UP ON AGAINSTのヴォーカリストと、ポスト・パンク・バンドGHILOMのヴォーカリストによる男女ユニット、NOISECONCRETE×3CHI5へのインタヴューby大越よしはる) ●Leather, Bristles, Studs and Autumn. エルジン 秋の革ジャンまつり (革ジャン特集の第3弾。今回もバンドマンetcの方々に、ご自慢の革ジャンを紹介してもらいました。登場して頂いたのは: ・Kenji・lemny・Yamasaki/ABSOLUTE ZERO ・SWEET GENE the GIGOLOCK/GIGOLO13, GTG PRODUCTS ・VONDO/POVLACION, DISCOS PELIGROSOS の3名です) A4 表紙カラー 本文モノクロ 50ページ ※バックナンバー取り揃えております。CONTACTよりお問い合わせください。
¥ 600
京都府京都市左京区聖護院山王町11-1-2F
TEL: 050-5438-7296
E-mail:info@twelvekyoto.com